Origami Pay本日で終了

日本でのスマホ決済の元祖とも言えるOrigami Pay。

一時期はスマホ決済を牽引する存在でもありました。

しかし、残念ながら本日4月28日、Origami Payはその役割を終了します。

Origami Payはメルペイと統合へ

Origami Payは日本におけるスマホ決済、QRコード決済のさきがけです。

サービス開始は2016年、QRコード方式での決済提供は2017年、中国ではそれ以前に広まっていたとはいえ、日本でのスマホ決済はOrigami Payの登場によって普及の道筋がつけられたとも言えます。

しかし、2018年にPayPayがサービスを開始し、なりふり構わぬキャンペーン攻勢を仕掛けることでOrigami Payは苦境に立たされます。

肉を斬らせて骨を断つようなPayPayのやり方に抗しきれなかったOrigami Payは、経営状態が悪化していっていたようです。

2020年1月になって、OrigamiはメルペイがOrigamiの全株式を取得したことを発表。メルカリグループに参画するとしていますが、実際のところメルペイに身売りしたということです。

これ以降、Origami Payはメルペイに順次統合されていくことが決まっていました。

4月28日に全ての支払が不可能に

Origami Payは4月28日に、クレジットカード、デビットカードの新規登録を停止。

そして、全ての方式でのコード決済が停止されます。

レシートの閲覧など一部機能は6月30日まで使えますが、スマホ決済の方式としては終了したということになります。

日本におけるスマホ決済の開拓者となったOrigami Payは、しかし後から来た巨大資本に負けてしまいました。

キャッシュレス決済の推進と普及に伴って雨後の筍のように乱立したスマホ決済。しかし、これからは競争に耐えられなかったサービスが淘汰され、いくつかの方式に整理されていくのではないかと思われます。

ただ、それはユーザーにとっては悪いことではないのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました