キャッシュレス決済でなにを選ぶか

キャッシュレス決済といってもその方法はいろいろ。

何を選ぶのがいいか迷っている人もいるでしょう。

結論を先に言えば、どれでもいいし、一つの方法に限定する必要もないです。

場面場面によって使いわければいいというだけのこと。

ただ、それぞれの方法のメリット、デメリットはわかっていたほうがいいと思います。

クレジットカードのメリットとデメリット

キャッシュレス決済でもっとも歴史があるのがクレジットカード決済です。

クレジットカードは、言ってみればツケ払いに近い決済方法。

消費者はクレジット会社を介して商品を後払いで買い、その代金は後でクレジット会社にまとめ払いするわけです。

スーパーなどではクレジットカード決済に標準対応しているところがほとんどでも、スマホ決済には対応していない店舗は多いです。

また、スマホ決済に対応していても使えるレジが限られているというスーパーもあります。

まだまだ町中でもクレジットカードが活躍する場は多いです。

それに、ネット通販はクレジット払いが主流ですし、スマホ決済でもクレジットカードから支払いにできるものもあり、クレジットカードを持つことはキャッシュレスで生活する基本だとも言えます。

クレジットカードのメリット

・手持ちの現金以上の買い物ができる
・ポイントがたまる
・出費の管理をしやすい

クレジットカードのメリットというとこんなところでしょうか?

財布の中に入っている以上の金額のものを購入できるというのは一応メリットであると言えます。それが後で請求されるものだとわかっていないで使うとデメリットになってしまいますけど。

買い物をするたびにポイントがつくのは大きいですね。航空会社系のカードだとマイルがたまる場合もあります。

ただし、ポイントの還元率やついたポイントの利用法はカードによって違うので、そのへんは慎重に選んだほうがいいです。

クレジットカードを使えば、何にいくら使ったかネットでチェックできますから、カードの使用頻度が高くなるほど優秀な家計簿としても機能して、出費の管理がしやすくなります。

他に支払い方法を選べるのがメリットだと指摘する人もいます。

でも、基本的に高額な買い物をするときに使うものだったかつての状況とは違い、100円程度のものを買うにもクレジット払いをする現在の状況ではそれほど大きなメリットだとは思えません。

100円200円の買い物をするときにもマニュアル通りに「お支払い方法は」と聞いてくるアホらしい店もいまだにあります。そんな時、いちいち一括でと答えなければならないのはめんどくさいです。

クレジットカードのデメリット

・想定外に使いすぎてしまうことがある
・エンドレスリボ払い
・紛失したときのダメージが大きい
・スキミングによるカード情報漏洩の恐れ

クレジットカードが普及しだした数十年前、カード破産ということがよく取り上げられていました。

要するに、現金がなくても使えるクレジットカードを持った当時の日本人、特に若年者が、自分の支払い能力以上の買い物をしてしまって破産するという出来事が多発したのです。

財布の中に入っている現金以上の買い物をできるのはクレジットカードのメリットの一つではあるものの、買ったものの金額がなくなるわけけではないということがわかっていないとそういうことになるわけです。

流石にカード破産などという言葉は最近では聞かなくなりました。信販会社もカードの利用上限を定めているし、それに日本人もやっとクレジットカードを使うことの意味を理解できるようになってきたのでしょう。

ただ、リボ払いを設定することで実質カード破産と同じ状況に追い込まれているというか、自らを追い込んでいる人もいます。

リボ払いは、月々の支払い金額を決められる支払い方法です。例えば月ごとの支払額を5万円と決めると、いくら使っても月ごとの引き落としは5万円になります。しかし、その金額以上使った場合は翌月の支払いにまわされ、さらに利子が必要になります。

極端な話、リボ払いの金額を5万円にしている人が毎月10万円使っていたら、毎月5万円ずつが翌月以降に回されてどんどん膨れ上がっていくということになるのです。

実はスマホゲームでの支払いのために、リボ払いによって雪だるま式に借金が増えていっている人が実際にいます。

リボ払いは節度ある消費ができる人にとっては便利なものかもしれません。でも実際にはデメリットの面が大きいです。

節度ある消費ができる人だったらそもそもリボ払いにしておく必要もないわけですし。

カード会社はいろいろいい面を強調してリボ払いにさせたがります。なぜならリボ払い超過分に利子がついてそれが儲けになるからです。

でもリボ払いはあまりおすすめではないですね。

クレジットカードは今やスーパーでもコンビニでも気軽に使えます。サインレスの決済であれば本人確認の必要もありません。

もしカードを盗まれたり紛失したりして他人に使われると、非常に大きいダメージとなります。

もちろん紛失に気づいた時点で連絡すればカードは使えなくなります。でも、気づくのが遅れるとかなりやばいことになります。

管理がずさんな人は気をつけるべきです。

また、カード情報を特殊な機械で読み取って不正利用するスキミングという犯罪にも気をつけなければなりません。

日本国内でカードを使うならほとんど心配がない話ではありますが、それでも可能性がないわけではないことです。

特にカードの支払手続きを目の前で行わないのは非常に怪しいので、もしどこかでカード払いにして、その場で決算の手続きをしないで店の奥などにカードを持っていこうとしたときなどは拒否しましょう。

電子マネーのメリットとデメリット

電子マネーは基本的にはプリペイドで、金額をチャージして使うものが多いです。

交通系ICカードなどは生活必需品であり、それだけに普及率も高く、キャッシュレスは交通系ICカード一択という人もいるようです。

電子マネーのメリット

・使える店が多い
・チャージの上限を設定できる
・常に持っているのでいつでも使える

SuicaやPASMOなどの交通系ICカード。楽天グループのEdy。NTTドコモのiDなどは、共通のスキャン装置で対応できるので普及率が非常に高いです。

特に交通系ICカードは対応店舗が多いのが特徴。だいたいの人は常に持ち歩くものなのでいつでも使えて便利です。

また、チャージ額は自分で決められるので、クレジットカードのようにうっかり使いすぎるというリスクは低いです。

ただし、クレジット一体型のiDは銀行口座から直接支払いとなるため、チャージ額を決められません。

電子マネーのデメリット

・先にチャージが必要
・種類によっては使える店舗が限られる

電子マネーを使うためには事前にチャージが必要です。市販のフェリカポートを購入しておけば自宅でもチャージができますが、なければそれぞれの電子マネー専用の機械が置かれているところまで行ってチャージをしなければなりません。

交通系ICカードなどは駅の券売機でチャージできるのでそれほど面倒はないけれど、常に残高を気にしていなければならないのはちょっとめんどくさいですね。

そのめんどくささをなくしたのがクレジット一体型のiDです。これはクレジットカードで使ったお金の引き出し口に設定している銀行口座から使った分が直接引き落とされるのでチャージの必要はありません。そのかわり、口座内の残高を把握しておかないといけないです。

交通系ICカードやEdyなどは普及率が高いので問題はありません。

問題は、イオングループのWAON、セブン&アイグループのnanacoなど特定のグループ内でしか使えない電子マネーです。

こういう方式は顧客の囲い込みには有効かもしれないです。でも、やはり特定の店でしか使えないのはデメリットだと言えるでしょう。

スマホ決済のメリットとデメリット

現在キャッシュレス社会の主役に躍り出ているのがスマホ決済です。

対応店であればスマホでアプリを立ち上げ、表示されるバーコード、QRコードを読み取ってもらうか、店側のQRコードを読み取って金額を入れるだけで支払いができます。

実際使ってみて利便性の高さはクレジットカードや電子マネーの比ではありません。

いずれ中国のように、スマホさえあればどこでも支払いができる状況が来る可能性は高いです。

スマホ決済のメリット

・スマホさえ持っていればいい
・支払いにかかる時間が極端に短い
・今までキャッシュレスに対応していなかった店でも使えるようになってきた
・種類によってはポイント二重取りできる

スマホ決済のメリットはその利便性の高さにあります。

スマホさえ持っていればいつでも買い物ができる便利さは一度利用してみればすぐにわかること。

レジに並ぶときにアプリを立ち上げておけば、支払いは1秒もかからないです。

QRコードスキャンをする場合でも10秒から20秒程度あれば支払いが済みます。

そして、コンビニ、ドラッグストアならだいたいスマホ決済に対応しているし、ガストなどファミレスも対応しはじめてきています。

特にpaypayの普及の勢いはすごいです。

これまで現金払いにしか対応していなかった小さなレストランでもpaypayに対応するところが増えてきています。

楽天ペイのユーザーだった私が、あまりの普及率にpaypayも導入したほどです。

そして、クレジットカードに紐付けできる決済アプリの場合、支払いに使った時と使った分がクレジットカードから支払われる時の2回ポイントがつくので非常にお得です。

iOS版PayPayアプリはこちらから

アンドロイド版PayPayアプリはこちらから

スマホ決済のデメリット

・スマホの電池が落ちると使えない
・プリペイド式はチャージがめんどくさい
・種類を選ばないと使えないことが多い

一度だけですがうっかりスマホの充電が切れてしまい、支払いができなかったということがあります。

スマホの充電残量には注意しましょう。

クレジットカードに紐付けできる楽天ペイやpaypayは問題ないですが、プリペイド式だといちいちチャージしないといけないのでめんどくさいです。

また、普及率に差があるので、スマホ決済自体には対応していても、自分が使っているアプリでは支払えないということもあります。

私が楽天ペイとpaypayを併用しているのも、楽天ペイの普及率が低いからです。

とりあえず3種類揃えておくのが吉

将来的にはスマホ決済で全ての支払いができる社会になるかもしれません。

でも、現状ではクレジットカード、電子マネー、スマホ決済アプリの3種類を揃えておくのがいちばんおすすめ。

例えばコンビニではスマホ決済、マクドナルドでは電子マネー、そのどちらにも対応していないならクレジットカードというように使い分けるのが一番現実的ではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました