au PAYが請求書払いに対応したのでスマホ決済請求書払いまとめ

電気・ガス・水道などの公共料金は、銀行振込やクレジットカードで支払う人が多いと思いますが、中には紙の請求書をもってコンビニなどで支払っている人もいると思います。

私も一時期そうしていたのでそのめんどくささはよくわかります。っていうか、今でも国民健康保険と住民税は請求書もってコンビニで支払ってます。

請求書をもらってから支払うのは確かにめんどくさい。でも、支払いタイミングを自分で決められるという利点はありますよね。逆にうっかりすると支払期限を過ぎていたりするけど…

そんな請求書払い派に便利なのが、スマホ決済を利用した支払いです。

これなら支払うタイミングは自分で決められて、しかも自宅にいながら支払えるのでめんどくさくないし、支払期限をうっかり過ぎる危険性も低くなります。

au PAYが請求書払いに対応

昨日3月31日から、au PAYが請求書払いに対応しました。


https://wallet.auone.jp/contents/lp/billpayment/index.html

と同時に、au PAYアプリもアップデートしています。

メニューに請求書払いのアイコンが追加されました。

ただ、まだ支払対象先が少ないです。

4月1日現在では、対応しているのは7つの企業・事業所のみ。

今後拡大していくとはいっても現状ではあまり利便性は高くないですね。

とはいえ、au PAYで支払うとauポイントがもらえるので、対応事業者と契約している人でauユーザーなら、請求書払いに切り替えてau PAYで支払ったほうがお得です。

au PAY以外で請求書払いに対応しているのはPayPayとLINE Pay

au PAY以外で請求書払いに対応しているスマホ決済は、今の所PayPayとLINE Payだけです。

ファミペイも対応しているといいますが、ファミマまで行かないと支払いができないという謎仕様なので除外します。

PayPay、LINE Payともに請求書払いの項目があります(LINE Payの場合はLINEアプリのウォレットのところ)。

逆に、この項目がないスマホ決済は請求書払いに対応していないということです。

対応事業者については公式サイトを参照してください。特にPayPayはものすごくたくさんあって書ききれません。

PayPay

LINE Pay

両者電気・ガス・水道だけでなく、一部地方自治体の税金納付にも対応しています。

特にPayPayは416箇所の地方自治体に対応しているので、もうPayPayだけでいいんじゃないかなという気もします。

iOS版PayPayアプリはこちらから

アンドロイド版PayPayアプリはこちらから

タイトルとURLをコピーしました