本日でキャッシュレスポイント還元事業終了

昨年10月の消費税増税をごまかしつつ、キャッシュレス決済の普及を目的として行われていたキャッシュレスポイント還元事業は本日で終了します。

つまり、還元事業の登録業者で買い物しても還元はなし。いよいよ消費税がそのまま家計にのしかかってくることになります。

キャッシュレスポイント還元事業でキャッシュレス決済普及は滞る?

巷では、キャッシュレスポイント還元事業の終了によって、還元を目当てにキャッシュレス決済を使っていた人がまた現金決済に戻るため、キャッシュレス決済の普及が滞るのではないかという意見も見られます。

しかし、これは杞憂ではないかと思います。

クレジットカード、スマホ決済、電子マネー。どんな形であれ、いちいち現金を持ち歩かなくても支払いができる利便性を味わったら、わざわざ現金決済に戻る気にならないという人のほうが多いでしょう。

キャッシュレス決済の普及については、新型コロナウイルス感染の拡大も追い風となりました。

実際現金を媒介として感染した人がどれだけいるかはわかりません。ただ、万が一のことを考えればできるだけ現金は使いたくないし、ましてや誰が触ったのかもわからないお釣りをもらうのはもっといや。キャッシュレス決済ならレジを中継点とした現金の移動も行われず、顧客にとってもレジスタッフにとっても危険度は低くなります。

ただ、店によってはまだクレジットカードを受け取って機械に挿すところもありますから、はやり安全性を高めるならスマホ決済のほうがいい。もっとも、クレジットカードか電子マネーでしか支払いができない店もまだ多いのが問題だとは思います。

そこらへんを解決するために、統一QRコードの普及を待ちたいところですね。

明日からマイナポイント事前登録開始

政府はキャッシュレスポイント還元事業にかわる還元事業として、9月よりマイナポイント事業を行います。

これは、特定のキャッシュレス決済を指定して、支払いもしくはチャージを行うと、25%の還元が受けられるというもの。

とはいえ、登録業者で買い物をすれば買い物のたびに還元されるキャッシュレスポイント還元とは異なり、還元額は最大5000円分まで。つまり、2万円分までの利用が還元対象となります。

タイトルとURLをコピーしました