慣れれば簡単なPayPayのQRコードスキャン

店頭でのスマホ決済のやり方は大雑把に2種類。

まず、スマホ決済アプリのバーコード、QRコードを店側に読み取ってもらう方法。コンビニなどで利用するときはこの方法です。

次に、店側に置いてあるQRコードを自分のアプリでスキャンして、自分で請求額を打ち込んで支払うという方法もあります。

QRコード読み取り式のほうが普及させやすい

客側がQRコードをスキャンして請求額を打ち込んで支払うという方法。

一部にはなんでこんな面倒なやり方を採用しているんだという意見もあるようです。

でも、それは実際の店舗でその方法を使ってみれば簡単にわかること。

コンビニのように店側がアプリをスキャンする方式にするためには、その機能に対応した専用のレジを導入する必要があります。

もともとバーコードスキャン機能があるコンビニなどが対応するのは簡単なことでした。

それに対し、そういう機能がない店舗が新たに機械を導入するのはコストがかかります。

スマホ決済を提供する側が、店舗に導入してくださいといった所で、そんなコストをかける余裕はないと言われればそれまで。

ところが、QRコードを客に読み取らせる方式なら、QRコードさえあれば店舗側もスマホやタブレットで設定するだけで簡単に導入できます。

その利点を最大限に利用してシェアを拡大しているのがPayPayです。

BIG・Aや赤札堂などのスーパー、個人経営の飲食店などでもPayPayで支払いができるようになってきているのは、QRコードだけ配布すれば導入できるという簡便さによります。

QRコードの読み取りはそんなに面倒ではない

私はコンビニやドラッグストアなど店側にバーコードを読み取ってもらえるところでは主に楽天ペイを使います。その方式でPayPayを使うのは、楽天ペイを使えないダイソーやマツキヨでの支払いのときだけです。

そのため、PayPayを使うときは、おのずと自分でPayPayのQRコードをスキャンして、金額をうちこんで支払うという方法を利用するほうが多くなっています。

やり方は簡単です。

PayPayのアプリを立ち上げた画面にある「スキャン」をタップ。

するとカメラが起動するので、四角い枠に店のQRコードが入るようにします。

アプリがQRコードを認識すれば、1秒もかからず金額を打ち込む画面が立ち上がります。

あとは、請求額を打ち込み、一応店員に確認してもらってから「支払う」ボタンをタップするだけ。

アプリを立ち上げてから支払い完了まで1分もかからないです。財布からお金をとりだして数えて払うほうがよほど面倒ですよ。

ただ、スマホの設定画面でPayPayのアプリがカメラにアクセスする許可を与えておくのは忘れないようにしましょう。

QRコード読み取り式に慣れればその恩恵が理解できる

私にとって、いろんな店にQRコード読み取り式でPayPayが導入されているのはありがたいことです。

特に飲食店。これまでは現金払いにしか対応していなかったような店でまでPayPayを利用できるようになってきています。

外食が多いので、小さな飲食店でもスマホ決済ができるとその便利さがよくわかります。

QRコードをスキャンしての支払いなんて、1回2回やればすぐ慣れることです。

慣れ親しんでいる今は、支払いの前にアプリを立ち上げ、スキャン画面にしてからレジに行きます。その状態からQRコードをスキャンして金額を打ち込み、支払いボタンを押すまで30秒もかからずに済みます。

この方式は、店側は気軽にスマホ決済に対応できて、客側は気軽にスマホ決済で支払えるようになるwin-winの方式じゃないでしょうか。

これに慣れた今では、楽天ペイもQRコード配布でもっと広まってほしいと思っています。

iOS版PayPayアプリはこちらから

アンドロイド版PayPayアプリはこちらから

タイトルとURLをコピーしました