マイナポイントの予約をしてみてわかったこと

昨年10月の消費税増税に伴い行われていたキャッシュレス・ポイント還元事業は、6月いっぱいで終了する予定です。つまりあと2ヶ月しかないということです。

この還元事業が本当に増税後の景気刺激策になったのかどうかはわかりませんが、政府が目指すキャッシュレス化が進んだのは間違いないことでしょう。

総務省は、このキャッシュレス・ポイント還元事業にかわるキャッシュレス化推進事業として「マイナポイント」を導入します。

マイナポイントとは?

詳しくはマイナポイントの公式サイトを見てもらうとして、大雑把に言えばマイナンバーカードを利用した還元事業です。

マイナンバーカードの取得法については、以前マイナポイントについて書いた記事を参照してください。

総務省が9月からキャッシュレス決済へのポイント還元「マイナポイント」を開始
マイナンバーカード持ってますか? 私は数年前に引っ越しをして、転入手続きやらなんやらやるついでに作りました。 本籍地が遠方にあるため、戸籍謄本などをコンビニのキオスク端末(コピー機)で取得できて便利です。 総務省は...

マイナンバーカードを利用して「マイキーID」を取得すると、任意のキャッシュレス決済の利用額、もしくはチャージ額に対して25%の還元が行われます。

還元の上限額は5000円。

つまりは20000円までの支払い、チャージに対して25%分還元が行われます。

マイナポイントの予約方法

マイナポイントの利用申込みは7月から。実際の運用は9月からです。

ただ、現在すでにマイナポイントの予約ができます。

私はパソコンで行ったのでパソコンでの手順を説明します。

まずマイナポイントの公式サイトにアクセス。

ページ右上の「マイナポイントの予約方法」をクリック。

予約をするには、スマホの場合マイナポイントアプリ、パソコンの場合「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストールする必要があります。

インストールをクリックすると、「マイキーID作成・登録準備ソフト」のexeファイルがダウンロードできるので、落としてインストールしておきます。

準備ソフトをインストールしたら「マイナポイントの予約」をクリック。

ですが、ここで注意!

マイナポイントの予約をパソコンで行う場合、ブラウザはIEでなくてはいけません。IE以外で行うと

このような警告が出て先に進めないです。

手続きにはまずIEを立ち上げておきましょう。

IEは、windows10では画面下タスクバーの「ここに入力して検索」に「ie」と打ち込めば立ち上げることができます。

IEでアクセスするとこの画面に遷移します。

この時点でICカードリーダーをパソコンにつなげ、マイナンバーカードをセットします。

マイナンバーカードの読み取りにはSONYのフェリカポート「PaSoRi RC-S380」を使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi USB対応 RC-S380
価格:2779円(税込、送料無料) (2020/3/31時点)

確定申告のためにいずれ買おうと思っていたものを、マイナポイントをきっかけに購入しました。

Edyも自宅で受け取れて便利です。

ICカードを読み込む機能がついたスマホを持っているなら、わざわざ買う必要はありません。

マイナンバーカードをセットしてから「次に進む」をクリック。

マイナンバーカードに設定している暗証番号を記入して「OK」をクリック。

これでマイナポイント申請に必要な「マイキーID」が発行され、予約が完了しました。

マイキーIDは一応どこかに記録しておいたほうがいいです。

マイキープラットフォームへをクリックしたら、ポップアップで念押しされます。

マイキープラットフォームに戻り、画面をスクロールすると

利用者マイページへの入り口があります。

これをクリックすると

取得したマイキーID、もしくはマイナンバーカードでログインできます。

まだ実施されるか決まってなかった!

マイキーのマイページに入ると、まだ予約段階なので事業の説明だけが表示されます。

と、その中に重要な文言があるのを発見しました。

「予算案が今後の国会で成立することが前提になります」

おい!

実施が決まってるわけじゃないんかい!

いや多分すでに政治家への根回しはされているだろうし、景気を停滞させたくない政府はマイナポイントのための予算も通すという見通しもあるはずです。

ただ、新型コロナウイルスの感染状況いかんによっては予定通り行われないという可能性も残されています。

まずは急いで予約を!

国が予算を通してから行われる還元事業ですから、もちろん還元額には上限があります。

マイナポイントの1人あたりの上限5000円を受け取れるのは、4000万人までと予測されています。

たぶんあぶれることはないでしょうけれど、もしかしたら上限人数にたっしたら申し込みが打ち切られるかも?

マイナンバーカードがあるならはやめに予約しておいたほうがいいです。

マイナンバーカードがない人は急いで作りましょう。

タイトルとURLをコピーしました