カードやスマホすらいらないキャッシュレス社会の第一歩

攻殻機動隊のようなサイバーSFの世界だと、個人情報やクレジットカードなどが全てその人の個人データに紐付けられていて、例えば瞳の虹彩などを照合するだけで買い物ができる描写があったりします。

現在のスマホ決済などはそこまでいかなくてもアプリのQRコードやバーコードを読み取ってもらうだけで支払いができるという点では、そんなSFの世界に足を一歩踏み入れた感じはあります。

しかしもうちょっと待てば、もうカードやスマホすら提示する必要がないSFチックな決済ができるようになるかもしれません。

日立製作所が生体認証統合基盤サービスを提供開始

日立製作所は2020年10月30日より、「生体認証統合基盤サービス」の提供を開始しました。

生体認証については、スマホの指紋や顔認証などで日常的に触れるようになっています。

献血に行く人なら、本人確認のために指先の静脈を読み取るシステムが使われていることもご存知のはず。

今回提供が開始されたのは、そうした生体認証情報をクラウドに保存し、生体情報とクレジットカードの情報などを統合するサービスです。

これにより、現在でもすでに実用化されているセキュリティや本人確認などの他に、飲食店・販売店などの支払いまでにも生体認証が活用されるようになります。

生体認証統合基盤サービス:金融ソリューション:日立
「生体認証統合基盤サービス」は、生体認証...

さすがに電脳化するわけではないから通信端末としてスマホは持ち歩く必要があるにしても、買い物のたびにわざわざスマホを取り出してアプリを立ち上げるという手間は不要になります。

もしかしたら将来的に電車やバスに乗るときも生体認証だけで支払いができるようになる日が来るかもしれません。

また、このシステムが普及して行政が乗っかってくれば、マイナンバーと生体認証が紐付けされ、住民票や戸籍謄本などといったしちめんどくさい確認書類など不要になる可能性もあります。

サイバーSFの世界が日常になるのはそれほど遠い未来ではないかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました